玻璃色の時の狭間

 超今更ですが、薔薇乙女の宴お疲れ様でした。
 え~、ここ数日体調不良をだらだらと引きずり日記をつける余力が無く、結果としてこの時期と相成りました。あう~。
 左隣だった TRUESTE さんのドールの数には驚きました。ドールの着ていた服も出来よかったです。正直、雛持ち帰りたかったですよ。右隣の海通信さんは、列すごかったですね。正直ぽか~と見てました。そんな間でぽつーんと本を売っていたわけですが……
 ずっと店番していて本1冊も買ってません orz

* * *

 木曜日の日記は書いたので、次は金曜日か……。
 25日は犬助さん(会社の同僚兼人生の先輩)と共に酒を飲んでました。
 色々ありました。最初は二人で飲む予定だったのが、急に一人増えたりとか。
 その方と、犬さん置いてきぼりでギャザと銀英伝の話したりとか……
 俺個人の心境としては、他にも色々あったけど、ちぃと書けねぇ。書く度胸が足りねぇっ!
 まだまだ、自分の事をネタにする勇気が足りません orz
 とりあえず、お二方。また一緒に飲みましょう。つうか、次はフェイトネタバレ飲みですか? 俺が終わるまで待ってもらえませんか、マジで!

* * *

 土曜日はTRPGルールについての話し合い。日曜日は高校部活の同窓会(?)でした。喉が痛かったことをよく覚えています。
 あ~、あと、姫様が雛苺を描いてくれましたね。あの雛、僕にください。くださいよぉっ!

* * *

 月曜日は久しぶりに深夜残業がつきました。つかれたぁ orz

* * *

 ようやく今日の日記か。
 え~っと、犬さんにメイド喫茶に連行されました。行き先は……え~っと(財布をあさる)、メイリッシュ(スタンプカードを確認した)。
 いや、楽しかったですよ、色々。紅茶おいしかったし。
 ……書く事ないな。どうしよう。

* * *
雛王子 日曜日、同窓会(?)で塊魂を遊びつつ描いた。やっぱり雛苺。

天使

 昨日は、薔薇乙女の宴、お疲れ様でした~。……喉が痛い。
 ちょっと、風邪の所為か、あまりにも喉が痛いので寝ます。イベントに関しては明日書こう。そうしよう。

* * *

 ローゼンメイデントロイメント第6話、無事鑑賞。

 理想通りかどうかは解らない。だが……

 とりあえず、本日の流れ

 09:00頃 喉風邪。げほげほ

 12:30頃 打ち合わせをするために出張

 18:00頃 俺直属の上司、打ち合わせから離脱(ちゃんと理由はあるのだが)。……俺、ちゃんと打ち合わせしないとダメ?

 20:10頃 打ち合わせ切り上げ。終わってません。どうしよう。助けて。助けて。誰か僕をt(ry

 22:00頃 喉痛すぎ。苦しい…… パタリ

 25:50頃 友人の電話で起きる。助かるよ、本当。

 25:55 ローゼンメイデン、放送開始。

 以下、ネタバレ多数のため一応伏字に。

 25:58頃 「いきなりか!」。唄うめぐ。声も割りとあっていると思うし、良いのではないか。

 26:01頃 「どれだけの絶望を知ってるんだ……」。死を甘い果実という割りに、何も無い真っ暗な闇とも言っている。死に対しての感覚は普通の人と同じようだ。ならどうして、死を望むのか。何も無い真っ暗な闇よりも、今生きている現実のほうがよほど辛いのだろうか? 生きろ、めぐ。良いことは無いかもしれないが、何の変化も無い真っ暗な闇よりも嫌なことばかりの現実のほうが良いかもしれないが……。ってまぁ、現実に絶望していない人間が言っても仕方ないか。

 26:03頃 「あれ、記憶が……」。記憶なくしてませんか、銀ちゃん。

 26:04頃 「あれ、胸が?」。銀ちゃん、胸、薄くねぇ?

 26:06頃 「……デジャブか」。銀ちゃん、街を観察中に記憶を取り戻し始める。

 26:12頃 「かっこいい曲だ」。銀ちゃんnのフィールド。専用曲ですよ先生! サントラ出たら買おう

 26:14頃 「をっ、上手いなぁ」。一話での真紅と薔薇水晶のやり取りを、真紅の代わりに銀ちゃんで行なう。非常に良い演出だ

 26:15頃 「強いっ」。銀ちゃん、流石の戦闘力を発揮。結果、めぐ死にかける……

 26:16頃 「薔薇男ーっ!」。銀ちゃんを復活させたのは薔薇男であることが判明。水銀燈が自分のお腹を弄っている姿はなにやら可愛らしかったが、っつうか銀ちゃんのお腹があるのを証明するためには、もう一度燃えないといけないのか?

 26:17頃 「ジャンクトーク」。めぐ、自分の事(性格には自分の心臓)をポンコツ呼ばわりする。当然のように水銀燈がジャンクと言い換え、めぐもそれを受け入れる。後々への複線かな~と思っていたのだが……。

 26:18頃 「薔薇男に向けた笑みを……」。夢のなかで銀ちゃんと対面する真紅。本当に復活したことを知ると心から微笑みかける。その顔を見て毒気を抜かれたのか、帰ろうとする水銀燈。そんな彼女を引きとめ、ジャンク呼ばわりしたことを謝る真紅。この二人の今後の関係が気になるところである。

 26:19頃 「もう、使ってしまうのか」。自分の事を「ジャンク」と呼ぶめぐに「ジャンクなんて、言うものじゃないわ」と言葉をかける水銀燈。先ほどの真紅の言葉を受け、心境に変化が合ったらしいが、早すぎやしないか? 銀ちゃんの心変わりはゆっくり少しずつ描いていくべきだったと思うのだが、流石に12話じゃ時間的余裕が無かったと見える。う~ん、5話とか4話とかはメインストーリー的には無くて問題ないからその辺りの時間を使って何とかできなかったものか……って言うと、俺自身の否定ではないかっ! 5話消したら雛苺活躍しないジャン!

 26:20頃 「やはり」。槐の店員こと白崎と話す薔薇水晶。この店が関わりあるのは間違いないところではあったが……。まぁ、槐先生が薔薇男だとすると、薔薇水晶のミーディアムは白崎か……。

 26:23頃 「……はもった」。「ジュン、お茶を入れてみたわ。掃除とやらもして見たわ。雛苺、棚は自由に使って良いわよ」。「なっ」、『しっ、真紅が壊れた』。ジュンとはもる俺。っつうか、夜中に独り言多すぎです。……金糸雀、武器が楽器なのはわかるが、どうする気だ?

 のどつれ~っ! いて~! 辛いのでねるのぉ

 時間、出来事の順番は記憶を頼りにしているため前後している可能性があります。
 毎度の事ながらも感想らしき感想は書いてない気もしますが、まぁいいや。

* * *

在るがままの心で生きようと願うから

 え~。2週間に1度のペースで体調崩してます。きっついきっつい。睡眠とらないと体が動きません。寝てる時間が長いおかげで日記絵を描く時間が取れない。たすけて~

 このサイト上では告知してませんでしたが、明後日の薔薇乙女の宴に出ます。物はかかしちさんとの合同誌(ページ数などを考えると合同誌と呼ぶのは悪いかも……。それぐらい私の執筆比率は低い)。サークル名はかかしちさんの「葛根湯」で出ます。私はおまけとしてついていき、隅っこでガタガタしてます。

 最近、ONE PIECEがヤバイ。良すぎる。ルフィが物凄くかっこいい。……くそぅ、日記を満足に書く時間もないや、仕事行かないとっ。

手紙

 ローゼンメイデントロイメント第5話、無事鑑賞。

 ……

 ……

 感無量
 とりあえず、本日の流れ。

 11:00頃 入稿完了

 25:55 ローゼンメイデン、放送開始。

 以下、ネタバレ多数のため一応伏字に。

 25:58頃 「痛っ」。金糸雀が玉子焼きにフォークを刺す音がやたらと痛そう。お約束でカラスに玉子焼きを取られるが「フィニッシャー」は無し。がっかりだ

 25:59頃 「のっけからキタっ」。ヒナの顔アップ、かなり可愛い。今回、作画気合入ってるなぁ。

 26:00頃 「達筆だ」。手紙を書く蒼星石。達筆だ。

 26:01頃 「をっ」。ジュンが英語の勉強をしてる。数学は終わったのか……。真紅と背中合わせで勉強中、真紅を見やるジュン。それに気付き、ジュンを見返す真紅。……頬を紅く染めるなよ、ジュン。中学生日記か?

 26:02頃 「デレデレだー」。翠星石、ある意味デレデレ。翠星石がデレデレしてるときに絡む雛苺。やっぱりこの二人の掛け合いは良いな。……ヒナの想像で餅と一緒に膨らむ翠星石の顔が、顔がぁっ

 26:03頃 「蒼が居ても、ダメだったか」。原作にもあった、掃除大作戦。原作と違うのは、翠がジュンが褒めてくれるとデレデレしていることと(あっ、ジュンの事を「ジュン」って言ってる)、蒼が居ること。掃除機の使い方を説明しようとしている蒼だが、雛と翠に華麗にスルーされる……。せつねぇ

 26:04頃 「やりやがったーっ」。玉子焼きにマポロチョコとヨーグルトを投下する雛苺。あれ、雛、第一期三話でヨーグルトに文句行ってなかったっけ(あの時は苺大福以外ダメだったのか)? そして、苺大福も投下。……原作より酷くなってる orz

 26:05頃 「なにこの爆発物」。ゆで卵を作ろうと、卵を電子レンジにかける翠星石。当然爆発するのだが……、なにその爆弾。カメラがわざわざ家の外まで引いて画面振動! そりゃジュンも驚いて階段駆け下りてくるわ。

 26:06頃 「僕の為……」。家を滅茶苦茶にした雛苺と翠星石だが、蒼星石の「ジュンくんの為に」という言葉を受け、叱るのをやめて頭を撫でてやる……”雛苺だけ”。なぜ翠星石は放置か。なぜ雛ヒイキなのかという意見もあると思うが、ここは言わなくてはなるまい、上の人間として(私は長男)。兄弟・姉妹(以下兄弟と記す)で上の人間は、兄弟で悪さをしたとき、叱られる(あるいは放置される)存在なのだ! 下(弟や妹)は、基本的に小さいからとか、年下だからとかで許され、一緒になって悪さをした上(兄や姉)が「お兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだからしっかりしなさい」と理不尽に叱られる。あるいは、下(弟・妹)だけ慰められ、上(兄・姉)は放置される。そういうものなのだ! だから、ジュンの行動は何も間違ってない(これに関しては本気でそう思う。多少大人びた行動ではあるが)。

 26:07頃 「良い動きだ」。床にうつ伏せになりながら、いつものように足を揺らす雛苺。脚の動きに強弱があってとても素敵に動いている。っていうか、今回なんかクオリティ高くね?

 26:12頃 「残像だ!」。先ほど、許してくれたことに対しての礼を手紙で行なおうとしている雛苺。手紙を出すためには外に出なくてはいけない事を翠星石から聞き、お供に蒼星石を選ぶ。「ねぇそうせいせき、一緒にお手g」。物凄い勢いで蒼星石をその場から連れ去る翠星石。これが契約したドールの力か! 「お手紙だしに……、きえちゃったのぉ」

 26:13頃 「Trauma」。真紅に外についてきて欲しいと頼む雛苺。真紅の「猫トラウマ」を引きずり出す。水銀燈といい、トラウマ多いね、真紅。

 26:15頃 「うあぁぁ」。一人で手紙を出しに向かう雛苺。なんか、表情がえらく可愛い。っつうか、ヤバイ……。この話、俺の為に作られているのではないかとの錯覚を引き起こす。

 26:17頃 「ああああああああ」。翠星石が書いた手紙に水鉄砲で水をかけてしまった金糸雀。なんつうか、酷いよ金糸雀。

 26:19頃 「走れ走れ、はっしれマキバオー!」。猫にまたがり疾走する雛苺。猫と雛苺の体の対比から、ミドリノマキバオーを思い出した。垣根から這い出てくる雛苺の顔も可愛い。っつうか、今回本当に雛可愛過ぎ!

 26:20頃 「うらやましい。いや、本気で」。ポストの前で偶然通りかかった巴。そのまま雛を抱いてジュンの所に送りに行く事に。その間、雛苺にやさしく語りかける。まるで母親のように。そこに、家から居なくなった雛苺を探しに出てきたジュンが合流する。ジュンの姿を認め、うれしそうに駆け寄り飛びつく雛苺。……このシルエット。まるで夫婦と子供じゃねぇか! うらやましい、うらやましすぎるぞ、本当に。

 26:23頃 「帰って来たか」。今まで、水銀燈ファンの心の傷を抉って塩を塗りこみ、完膚なきまでに突き落としてきたトロイメント。ついに、ついに、ついに!

 幸せだ。俺、明日からまた頑張れる!

 時間、出来事の順番は記憶を頼りにしているため前後している可能性があります。
 毎度の事ながらも感想らしき感想は書いてない気もしますが、まぁいいや。

* * *
めくりいちご 今週のトロイメント、雛のドロワーズがやたら細く見えたので、めくってもらいました。……つうか、でかくなっちゃった。もっと小さくしないと。

* * *

 こめれす
>26:12頃の発言には殺意を覚えたぞ兄者 我が親愛なる愚兄の弟より
 ……実弟の発言は痛いんですが orz
まぁ、ゆるせや。

契約

 ローゼンメイデントロイメント第4話、無事鑑賞。

 原稿が終わってないけど、この日記だけはつける(マテヨ
 とりあえず、本日の流れ。

 25:55 ローゼンメイデン、放送開始。他の時間は省略

 以下、ネタバレ多数のため一応伏字に。

 25:58頃 「うあぁぁぁぁぁっ」。開始早々の雛の笑顔にやられる。かわいぃ

 25:59頃 「ぶっ。バンザーイ、バンザーイ」。翠星石のラクロスの説明(棒で頭を勝ち割る)に何故か噴出す。

 26:01頃 「相変わらずなことで」。真紅、ジュンをだます。相変わらずで何より。

 26:02頃 「……蒼星石」。蒼星石、真紅が敵になったら手強そう発言。やめてくれ。そういう発言は色々と辛いから。

 26:03頃 「やっぱり、マスターなしだったか」。翠星石、マスターを探す発言。おじじとおばばはやはりマスターではなかったか。

 26:04頃 「今日は翠星石の話か……」。おじじとおばばにマスターを探すため家を出て行く事にした翠星石。なんていうか、素直だ。翠星石が素直だ!そして、暖かく見送るおじじとおばば。良い絵だ。なんか良い絵だ。

 26:05頃 「まきますか~? まきませんか~? いまなら可愛い妹がいっしょについてくるかもしれないですぅ~」。巻きます。

 26:06頃 「はわわわわわわわわっ!」。電話ボックスで「桜田」の苗字に電話を掛けまくっていた翠星石だが、蒼星石に諭され素直にジュンの家へ。トイレからジュンが戻ってくるのを待っている間、雛苺を釣る。くんくん人形をつっていた竿の先にお菓子をくくりつけ雛苺に向けてたらすと、雛苺素直に手を使ったりせず咥える。嗚呼、なんてかわいそうな事をと思ったら楽しそうだったので、これはこれで良し!

 26:07頃 「……」。ジュンを目の前にすると素直にものが言えない翠星石。なんかむちゃくちゃ可愛いぞ。

 26:08頃 「子供らしい」。雨がジュースだったら? 雨が牛乳だったらとの発言を繰り出す雛苺。夢があって良いなぁ、子供って。

 26:12頃 「あ~」。「わからずやの姉を持つと」的な顔をしてため息をつく蒼星石。……すまん、上というものはえてして下に迷惑を掛けるのだよ(私は長男)。

 26:13頃 「ふふっ」。ジュンを目の前にすると素直にものが言えない翠星石その2。何人の人間が悩殺されたのだろうか。

 26:14頃 「流石蒼星石」。ジュンに姉の良いところを話しまくる蒼星石。姉思いの良い妹だ。

 26:15頃 「なんて事を……って、まぁいいか」。Nのフィールドへの入り口となっている水溜りに向かって、カナリアを放り投げる翠星石。ナイス!

 26:16頃 「……やめてくれ」。Nのフィールドでドールズに似せた操り人形を使った劇が始まり、真紅に似せた人形が次々と他の人形を破壊していく。真紅、雛苺は目をそむけ、蒼星石はこれが運命だと言わんばかりに受け入れようとする。このアニメの結末が、この人形劇のようにならないことを……

 26:17頃 「ジュン、なんかかっこいいな!」。翠星石が皆に人形劇なんかに惑わされるなと言ったのに続き、ジュンも人形劇のような結末になるはずは無いと、皆を元気付ける。がんばれ、ジュン。

 26:18頃 「ばかっ、いくな!」。薔薇水晶に単身特攻をかける蒼星石。だが、弾き飛ばされるだけで終わる。……よかった。

 26:19頃 「節操無いぞ、ジュン!」。追い詰められるジュンたち。水晶に阻まれ、ジュンは真紅を助けに行くことが出来ない。そこで近くに居た翠星石と契約ですよ! ……利用した?ジュンと契約した翠星石は高笑いと共に攻撃を開始。薔薇水晶をつたで押さえ込むことに成功する。その隙に、皆でフィールド脱出。良かった、蒼も一緒に脱出してる。

 26:20頃 「あったかいな」。ジュンと契約したため、ジュンのそばを離れられなくなった翠星石。蒼星石が帰る際、色々な言伝をし、なかば蒼星石を引き止める形となる。そこで「明日、また遊びに来るから、そのときに聞くよ。いつでも会えるよ。ボク達、姉妹だもの」との蒼の呼びかけ。この姉妹、本当に仲が良いんだな。

 26:21頃 「うわぁっ、やべぇ、落とされかけた」。離れてしまったおじじとおばば、蒼星石の事を想い、夜中に外を眺める翠星石。偶然目が覚めたジュンにその事を気取られないようにする為、その辺にあった本で顔を隠すが……隠した顔がむちゃくちゃ可愛かった。その顔で人殺せるぞ、翠星石。

 26:23頃 「その旋律は夢見るようになの~」。手紙。来週のタイトルだ。手紙。原作にも外伝としてあった話(原作にタイトルは無いが)。手紙。それは……雛苺の話だ~! よっしゃ~っ! キタキタキタ!

 時間、出来事の順番は記憶を頼りにしているため前後している可能性があります。
 毎度の事ながらも感想らしき感想は書いてない気もしますが、まぁいいや。

 やばいので原稿描きます!

* * *
雛苺 このままだと先月の二の舞(今月は真紅ハウスになってしまう)になってしまうので、とりあえず原稿から雛苺を……。泣いていない顔を久々に描いた気が(マテヨ

黙れ下衆!

 原稿執筆中。
 背後で若本さんが叫んでた。

レールの上で昨日を唄い、草原で一人明日を唄う

 原稿執筆中。
真紅の笑顔 原稿の一部。なんとなく上げて見る。真紅ばかりなのは、メインである雛をこの段階で上げるのが嫌だから。

  1. 1
  2. 2
RSS / feedly
  • follow us in feedly
  • follow us in feedly
ソーシャル
広告