誰かに負けるのはいい。けど……

 目指したものがある。
 どんな困難にぶつかっても頑張れる。そんな人間になりたかった。
 社会という波に揉まれ、気がついたら、どんな事にも早々に見切りをつけるあきらめの良い人間、理想とはかけ離れた人間になっていた。
 それでも、そんな自分をあきらめたくなかったんだ。
 ……今年、色々な事があって、色々なことをやって、すこしだけ、諦めが悪くなった。まだ、逃げ腰だけど、理想に向かって少しでも胸を張って、前を向いて歩いていこう。
 胸を張って、自分を好きだと言えるように。

* * *

 とりあえず、ローゼン8話無事鑑賞。
 2週間ぶりに、だらだらと感想でも書きますか。

 ……とか思ったら、そこまで記憶に残っていない! 何故! 仕方が無いので思ったことだけ書いておこう。一応ネタバレなので伏字にします。

 水銀燈と蒼星石が薔薇水晶にいいように操られてる感じがする! 水銀燈はめぐを救うために、蒼星石は嘆き悲しむ「お父様」の為にアリスになるためにローザミスティカを集めようとしている。というか、水銀燈変わったなぁ。ずいぶん優しくなった気がする。
 ……蒼星石。頼むからこれ以上死亡フラグを立てないでくれ。見ていて辛い。お前は、「誰かがアリスになるしか」と言った。つまり、アリスゲームが始まり誰かがアリスになればかまわない。アリスになるのが「自分以外の誰か」でもかまわないというのだろ。そんなの悲しすぎる。そんな自己犠牲、誰も望んでいない。頼むから、死なないでくれ。

 今回はいつもよりは感想っぽいかな?

* * *

 さて、Fate でもやりますか。

RSS / feedly
  • follow us in feedly
  • follow us in feedly
ソーシャル
広告