同盟者デッキ改良案

なにやら木曜日更新になってしまってるなぁ…
先週も、木曜日にデッキレシピ更新したし、いっそ木曜日を定期更新日にしてやろうかしら。

* * *
土日に、色々なデッキと相手してもらって弄りながら方向性を模索…
まだ机上ですけど、下記のような感じにしようかと…(MTGの記事は長くなるのでセンタリングを解除するぜっ)

SHIN・緑白同盟者

Main Deck

6

《森/Forest》

6

《平地/Plains》

2

《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》

1

《湿地の干潟/Marsh Flats》

2

《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》

4

《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》

21 Lands

4

《ハーダの自由刃/Hada Freeblade》

4

《目潰しの魔道士/Blinding Mage》

4

《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》

4

《ヘイラバズのドルイド/Harabaz Druid》

4

《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》

2

《カビーラの福音者/Kabira Evangel》

2

《城壁の聖騎士/Talus Paladin》

2

《変わり樹のレインジャー/Turntimber Ranger》

2

《太陽のタイタン/Sun Titan》

28 Creatures

4

《暴走の先導/Lead the Stampede》

4

《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》

3

《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》

11 Spells

Sideboard

3

《地盤の際/Tectonic Edge》

4

《未達への旅/Journey to Nowhere》

3

《コーの奉納者/Kor Sanctifiers》

3

《タジュールの射手/Tajuru Archer》

2

《兵員への参加/Join the Ranks》

15 Sideboard Cards

 メインボードは、インスタントスペルのない押せ押せ構成。
 トップメタのヴァラクート・CawBlade対策に何枚かカードを積みましたが誰かの助言により、《暴走の先導/Lead the Stampede》に引っかかるよう《転倒の磁石/Tumble Magnet》ではなく、《目潰しの魔道士/Blinding Mage》を採用。
 欠点は、タップにマナが必要な事と、全体除去で流されてしまう事、アーティファクトを対象に取れない事の3点かな?
 正直、《戦隊の鷹/Squadron Hawk》と各種タイタンの足止め用なので、アーティファクトが対象に取れないことには目をつぶるとしても《審判の日/Day of Judgment》で流れるのは痛いなぁ。
 マナがかかることは、後述している都合のため土地配分を若干多めにしたのでとりあえず保留。
 アーティファクトをタップできないのは、地味に痛いが(相手の《転倒の磁石/Tumble Magnet》が倒せないのは地味~につらいと思われる)さしあたりまわしてみて判断しよう。

 タッパーの採用で、到達持ちクリーチャーは排除。そもそも剣を装備した鷹は緑のクリーチャじゃ止められないし……
 とにかく、以前のデッキより場を長く持たせて、白タイタンを出すことを勝ち手段に追加してみた。同盟者をリアニメイトすれば大体は軒並みデカくなるし、密使を引っ張ってくればデッキ圧縮にもなる。
 タイタン事態が決め手になるわけではないので、この遅れがどう響くかはちょっとまわして確認したいところ。
 タイタン召喚の為、土地配分を少し増やしてみたけど、これがギリギリかなぁ…

 相手がヴァラクートだった場合、《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》と《未達への旅/Journey to Nowhere》で相手を抑えるしかないと思われる。クリーチャーを直接除去するしか手段がない……。それと、ランドサーチ系の呪文そのものには対応することが出来ないから、どうしても《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》を破壊する必要がある。結果、《地盤の際/Tectonic Edge》をサイドに投入。

む~……。飛行クリーチャーにめっきり弱くなったけど、タッパーで時間稼いで《タジュールの射手/Tajuru Archer》で射落とすしかないか。

RSS / feedly
  • follow us in feedly
  • follow us in feedly
ソーシャル
広告